• bitsukokokusha

ミッフィー展(東京会場は終了)がすごくかわいい!

皆さん、こんにちは!

ミッフィー展が開催されていたのはご存知でしょうか?

オランダの絵本作家でグラフィック・デザイナーのディック・ブルーナさんの描くミッフィー

(うさこちゃん)の誕生65周年を記念する展覧会が東京立川で開催されておりました(全国巡回イベントで現在は福井で開催)

今回は立川にて行われた同イベントに足を運んだ方をインスタユーザーからピックアップしてみました✨




 




ディック・ブルーナさんが描いた絵本『nijntje(ちいさなうさこちゃん)』がオランダで出版されてから

2020年、ミッフィー(うさこちゃん)誕生から65年を迎え、65周年展は”with”をテーマに、

ミッフィーや家族、友だちの物語を、貴重な直筆原画やスケッチ、創作メモなど約250点で

紹介していました💕


ミッフィーのような耳をつけて写真をとれるコーナーは、とんがり耳、丸い耳など、様々な形を

いろんな素材で作られています😲❗️


ミッフィーのこと、ブルーナさんの人柄や作品について、展示作品を中心に66の

丁寧な解説が加えられ、ブルーナ・カラーや線を使った大きなインスタレーション、

耳をつけてみんながミッフィーになれる参加型展示、「ちいさなぬくもり」そのものの

うさぎの写真作品が展示されています💕


・ディックブルーナとは?

ディック・ブルーナさんは、1927年、オランダ・ユトレヒトに生まれました。

絵本作家・グラフィックデザイナーとして世界的に活躍し

2017年2月、その生涯をとじるまでに、120作を超える絵本を創作しました✨

暖かみのある手描きの線、鮮やかな色使い、観る者の想像力に訴えるシンプルで大胆な構成の作品で、世界中の子供から大人まで幅広く愛されています🤗


日本は、世界の中でもいち早くブルーナさんの絵本を出版した国の1つで『ちいさな うさこちゃん』は1964年に福音館書店より出版され、ブルーナさんは生前に何度か日本を訪れ、日本の作家たちと交流する機会があったため本展では、石井桃子さん、五味太郎さん、酒井駒子さん、さくらももこさんら日本の作家から寄せられたブルーナさんへの思いをパネルや原画で紹介しておりました✨💕



『うさこちゃん おばけになる』


主人公であるミッフィーが、シーツをかぶり、おばけのまねをするというものです😂✨


「いたずら好きのうさこちゃん。ある日おばけに変身してみんなを驚かしてやろうと思いつきます。 さっそくお母さんに古いシーツをかぶせてもらって、穴をあけたら…… おばけうさこが現れた!みんなはもう、上を下への大騒ぎ!」


※上記出版社からの内容引用


購入はこちら



同イベントは東京では開催終了となってしまいましたが、ディック・ブルーナさんのグッズは

オンラインで購入可能ですので、イベント関係なくミッフィーが好きという方は是非💕


https://www.bruna.jp/


 

いかがでしたか?

表情のないキャラクターって妙に愛くるしいですよね✨

私たちが子供の頃から変わらないミッフィーちゃんをこれからも好きでいてくださいね💕